主婦でも契約できるカードローン

主婦には正社員でもパートでも何かしら働きに出ていて安定した収入を得ている主婦の方と、夫の収入で生計を立てている専業主婦の方がいます。
また、カードローンやキャッシング即日を提供する金融機関には、貸金業として登録する必要がある消費者金融会社と、貸金業として登録する必要がない銀行や信用金庫、信用組合などに分かれます。
貸金業として登録する必要がある消費者金融会社は、貸金業法に従って営業をする必要があります。
貸金業法の中には総量規制という多重債務者を生み出さないようにするための規制があり、年収の三分の一を超えるような金額のお金を貸し出してはいけないことになっています。
そのため、収入を得ていない専業主婦の方は消費者金融会社が提供するカードローンではお金を借り入れることができないことになります。
また、安定した収入を得ている場合は、審査の結果によっては最大で年収の三分の一までの金額が借り入れることができるということになります。
一方で銀行が提供するカードローンでは新規のお客様を獲得するために専業主婦の方でもお金を借り入れることが出来るサービスを充実させています。
ほとんどの銀行が配偶者の了承を得ていることを証明する承諾書が必要となりますが、中には配偶者の承諾書や収入証明などが必要なく、家族にばれることなくお金を借り入れることが出来る銀行も存在します。
しかし、返済が滞れば家族にばれる可能性が高くなるので、利用する場合は返済計画を確実に立てる必要があります。