不動産売却の価格交渉のポイント

不動産売る際には間違いなくと言って良いほど価格交渉を行うことが多いものです。特に売り手側が提示した値段よりも少し安い価格で値切る買い手というのは極めて多く、そのために時間を割いて価格交渉をして落としどころを見つけなくてはなりません。そしてもしこの交渉がうまくいかなければ、買い手が見つかっても実際には買ってもらえなかったといったことにつながってしまうでしょう。
では不動産売却における価格交渉のポイントはどこにあるのかというと、重要なのはまず妥協点を見つけることです。例えば2000万円で売りに出した物件に対して相手が1900万円でなら買うと言ってきた際に1950万円ではどうかといったように提案し、お互いが身を切り合えるように話をするのです。これは互いに譲歩し合う交渉の基本ですから必ず押さえておきましょう。
次にポイントになるのが物件の特徴を挙げて話すことです。例えば相手が物件の欠点を指摘して価格を下げようとしたのであればそれに反論出来る利点を挙げて対抗する、相手があと一歩決められない状態にあれば物件を買うメリットを提示して決め手を作るといった具合です。誰がみても分かりやすい物件の特徴というのはこれ以上無い武器になりますから、不動産売却の際には隅から隅まで自分の物件のことを知るのが大切です。
もちろん交渉はいつでも必ずスムーズにまとまるものでもありませんし、先に述べたように結論として商談が流れることもあり得ます。ただ不動産売却を焦って譲歩しすぎてしまうなどのことになると自分の利益が目に見えて減ってしまいますから、譲歩は出来る範囲でのみ行い、出来ないところは根拠をあげて反論して対抗しましょう。